Open Nav

長野県看護連盟BLOG

ブログ - COVID-19陽性者受け入れ病院訪問2

COVID-19陽性者受け入れ病院訪問2

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2020/8/31 13:47

2020(令和2)年8月25日(火)10:00 松本市立病院を訪問しました。2月のクルーズ船感染者に始まり現在も陽性者の受け入れを実施しています。受け入れ病棟は一般急性期病棟に感染症エリアを設置して、感染者の人数により病床利用を柔軟に対応できるようにしていました。看護スタッフは6名が専任で対応し2交替勤務としていました。感染エリア内は清掃、リネン交換やリネンの一次消毒、ごみ処理等周辺業務は業者の対応不能状態となり、看護職が行わざるを得ない状況で、患者ケア外の業務が増えたことが課題として挙げられました。それに加えて、感染への不安や役割責任の重圧等心理的負担も大きいとのことでした。そのような中で、地域の皆さんがこんな時だからこそと、玄関をお花で飾ってくださったり、小学校の子どもたちからの激励メッセージ等は本当にうれしい出来事だと山名看護部長が語ってくださいました。まだまだ続くコロナ対応、現場を守ってくださっている皆さんに感謝の気持ちでいっぱいです。松本市立病院では、今年1月からのコロナ陽性者の受け入れの実際や体制整備について、市民への理解が得られるよう、広報誌「えがお」に掲載しています。松本市のHPよりご覧いただけますので是非ご覧ください。

対応して下さった、山名看護部長さんと

玄関前での全員検温には、看護職だけでなく職員が協力して行っています

検査センターはプライバシーに配慮した場所が設定されていました

地域住民からの励ましのお花は、職員に元気を与えてくれました

 

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する