Open Nav

長野県看護連盟BLOG

ブログ - 久々に施設訪問に行きました(南信)

久々に施設訪問に行きました(南信)

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2021/3/4 15:46

2021(令和3)年3月3日(水)午前:飯田市立病院 午後:県立阿南病院 2施設共新型コロナ感染症の受け入れ指定病院と協力病院です。両院とも昨年の2月より患者の受け入れを行い1年が経過し、受け入れのご苦労と課題を聞くことができました。どちらの病院も 〇急な受け入れ要請に対し施設や人員配置を行った 〇外国籍の入院(タイ、中国、フィリピン等)多国籍の方々で言葉の壁が大きかった 〇患者の増減に合わせて人員配置等変更が必要だった 〇社会からの職員に対する誹謗中傷がつらかった 〇職員のメンタルヘルスのについて管理者が主に対応 〇防護具(マスク、ガウン、手袋等)不足、高騰、粗悪品等十分ではない 等々様々な課題が挙げられました。飯田下伊那地域は、保健所と飯田市立病院を中心として各医療機関と連携が取れ、受け入れはスムースに行われたとのことです。そんな中でも、看護部長同士が常に顔の見える関係で連携が取れていたので、心強かったと言っていました。日頃よりの関係が大切とのことでした。院内では、職員同士がワンチームの協力体制で臨めたのが何よりの収穫だったとのことです。

今後は、ワクチン接種や第4波の懸念もある中で、頑張っていただきたいと思います。お話を聞く中で、看護部が覚悟を決めて体制を整えることで、病院全体をまとめていったのではないかと感じました。本当にご苦労様でした。また、今回色々お話を聞かせていただき今後の活動に生かしていきたいと思います。ありがとうございました。

下の写真は飯田市立病院の看護部の皆さんと連盟役員、飯田支部長と幹事長です

 

飯田市立病院の皆さんと

県立阿南病院の皆さんと

トラックバック

トラックバックpingアドレス トラックバックpin送信先urlを取得する