Open Nav

長野県看護連盟BLOG

  • カテゴリ 看護連盟ブログ の最新配信
  • RSS
  • RDF
  • ATOM

ブログ - 看護連盟ブログカテゴリのエントリ

布製マスク

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2020/4/3 14:52

 マスク不足が深刻な状況になて来ています。店頭では手に入らず、布製マスクを作ってみました。案外簡単で、付け心地も抜群でした。備えあれば憂いなし。試してみるのもいいですね。新型コロナ対策万全にしていきましょう。(三輪)

 2020(令和2)年3月19日(木)14:00‐  日本看護連盟広報委員会がWEB会議で開催されました。参加者は、東京本部と各ブロック代表者福島県、長野県、岐阜県、京都府、愛媛県、福岡県です。新型コロナウィルス対策で、出張禁止となっていた委員も全員参加することができました。最初は緊張しましたが、全員無事つながることができ、映像も音声もクリアでその場にいるようなリアル会議となりました。今後も、このような会議も「あり」と感じました。(三輪)

会議室で一人でしたが、全国の各委員とつながっていました。

松本市長選当選 臥雲義尚氏来館

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2020/3/18 13:30

2020(令和2)年3月18日(水) 3月15日(日)に実施された松本市長選挙で初当選した、臥雲義尚氏が当選のごあいさつに来館されました。現市政を継承しつつ、改革すべきところは改革していきたい。と決意を述べられました。「健康長寿延伸都市松本」の継続的活動と共に、市民の声に耳を傾け様々な課題に取り組んでいっていただきたいと思います。

[雲のポッケ」取材訪問

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2020/3/3 15:41

 2020(令和2)年2月21日(金)障がい児・者デイサービス「雲のポッケ」を取材訪問しました。訪問したのは、日本看護連盟広報委員三輪と千葉、長野県看護連盟幹事長井上です。「雲のポッケ」は、2018年10月重度障がい児デイサービスを開始して1年半となります。日本看護連盟の機関紙「アンフィニ」で紹介するため取材訪問させていただきました。

青空の広がる寒い日でしたが、おうちの中では子どもたちもスタッフも元気に楽しく過ごしていました。働いている方々やご家族からインタビューを通して様々な思いを聞くことができました。それは、アンフィニの6月号に掲載予定ですので楽しみにしてください。写真は、「雲のポッケ」全景。人工呼吸器装着児がケアを受けている場面。苦しかったケア後支援員のマンドリンで癒されている場面。全員で記念写真です。取材にご協力いただいた皆さんありがとうございました。

 日時:2020(令和2)年1月29日(水)13:00‐14:00  場所:東京プリンスホテル ゴールデンカップ 参加者:約100名

総務大臣政務官に就任した木村やよい衆議院議員の国政報告会が開催されました。木村議員は、女性として、母親として、看護師としての立場から、弱い立場にある女性や子供、働き手に視点を置いた政策に取り組んでいることが報告されました。最後に、自分の活動はあくまでも看護を基軸にしていると話され、穏やかな中にも力強い決意が述べられた。司会:木村やよい 国政報告:木村やよい 終わりのあいさつ:木村やよいと、すべてを一人で取り仕切っていた。笑顔が素敵でした。(三輪)

 

第4回都道府県看護連盟会長会開催

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2020/2/4 15:38

 日時:2020(令和2)年1月29日(水)9:00‐12:00  場所:東京プリンスホテル ゴールデンカップ

協議事項の、1)第25回参議院選挙総括(案)2)2020年度事業計画(案)3)2020年度予算(案)は承認された。重点方針は、『みえる活動、行動する会員、確かな組織づくり』となった。報告事項では、新たなスローガン(案)として、『届けよう看護の声を!私たちの未来へ。』として決定したと報告された。2020年、新たなスローガンと重点目標にむけて、会員の拡大を含め組織づくりが需要となる。看護の代表議員4人もそれぞれ、国会審議の合間を縫てあいさつに来てくださいました。

 

 

 日時:2020(令和2)年1月28日(火)13:30‐19:00 場所:東京プリンスホテル 鳳凰の間

懇親会参加者:733名(参議院議員33名、衆議院議員97名) 長野県は大雪によるJR中央線不通の影響で9名欠席、15名参加

大島敏子会長のあいさつに続き、福井トシ子日本看護協会長の挨拶があり、協会と連盟の協力、連携について確かめ合うことができた。議事では、第25回参議院選挙戦を振り返り、全会員の意識調査を踏まえて選挙総括が行われた。

引き続き行われた、石田まさひろ参議院議員の祝勝会を兼ねた懇親会では、安倍晋三自民党総裁、内閣総理大臣も出席し、石田まさひろへまた看護連盟への激励のあいさつがあった。その他、多くの大臣、国会議員が参加され、激励のあいさつがあった。また、各ブロックごとの名物のダサいもので盛り上がり、看護連盟の組織力を感じることができた。

 

新春の福寿草

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2020/1/20 11:28

今年は暖かい新春となっています。庭の福寿草も太陽に向かって顔を出しています。和名『福寿草(フクジュソウ)』は、幸福と長寿を意味し、新春を祝う花として名付けられたそうです。花言葉の「幸せを招く」「永久の幸福」は、古くから縁起の良い花とされてきたことによるものとのことです。学名「Adonis(アドニス)」はギリシャ神話で猪に殺された美少年アドニスの名前に由来するものだそうです。その花言葉は「悲しき思い出」とされており、美少年アドニスの伝説に由来するものとされています。皆さん調べてみてください。晴れやかな新春と共に、今年もよろしくお願いします(三輪)

 

看護問題懇話会が開催されました

カテゴリ : 
看護連盟ブログ
執筆 : 
kango 2019/12/18 11:37

 2019(令和元)年12月13日(金)15:00‐18:00 於:ホテル国際21(長野市) 参加者:看護連盟5人 看護協会3人 県議会議員8人

意見交換のテーマ:「地域包括ケアの推進に向けて 看護職が貢献するために」

意見交換の話題提供として、1)看護・医療を取り巻く社会の変化 看護協会会長 松本あつ子  2)看護基礎教育・継続教育の課題 看護連盟会長 三輪百合子が行いました。

話題提供の後、各県会議員より地元での医療福祉の現状や課題について、質問や意見があった。地域包括ケアを進めるためには行政の責任が大きい。小さい村では保健師の確保が困難。県内養成の看護師の県内定着状況等々。1時間の意見交換後懇親会が開催され、ここでも率直な意見交換をすることができました。今後とも、地元議員さんとの連携も深めていきたいと思います。

参議院選挙のお礼も含めて会長が挨拶

 

看護問題懇話会会長本郷一彦議員のあいさつ後意見交換

 2019(令和元)年12月14日(土)13:00‐15:00 於:長野県看護協会会館 参加者:240名

第25回参議院選挙で当選し、2期目をスタートした石田まさひろ参議院議員が来県しました。自民党の副幹事長という立場で国の政治を動かす中枢での生での現場体験を語りました。また、参議院の厚生労働委員会筆頭理事として、産後ケアの法整備やハンセン家族への保障に関する法整備等、着々と手腕を発揮していることを伺うことができました。来年4月からの診療報酬改定については、重要事項の課題と論点について解説し、方向性を示してくださいました。ただ、診療報酬に振り回されることなく、自分たちの現場の状況をきちんと伝えていくことの重要性も実感しました。石田議員の益々のご活躍を応援していきましょう。

写真は、石田まさひろ参議院議員

写真は、熱心に受講する参加者

写真は、研修終了後連盟役員、協会役員、青年部メンバーと

年間予定

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2020年04月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2020-04-08
  • 広報委員会
  • ポリナビ委員会
  • 役員会
  • 役員・支部長合同会議

カレンダの終端です。

バナーリンク
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失