Open Nav

日本看護連盟についてのご案内

トップ  >  看護協会と看護連盟について

看護協会と看護連盟について

看護連盟の母体である看護協会は「質の高い看護の提供」を目的に、会員への教育や福利厚生等の支援活動を通して、日本の看護水準の向上のため1946年設立。看護職が抱える様々な問題解決に政治的手段が必須。政策や意見を反映させ、看護協会の目的を達成するためにもう一つの顔で、政治団体として活動する看護連盟が1959年に設立されました。

看護協会と看護連盟は役割を分担しながら、協同して活動し問題解決をはかります。

看護連盟は、看護協会と共に歩んでいます。

国政における代表議員による主な実績

・労働条件の改善
  • 給与・諸手当(特に夜勤)の改善
  • 給与表医療職(三)表の改定
  • 看護職員の増員
  • 夜勤看護職員の車送りの予算化
  • 看護職員宿舎の改善、整備
  • 病院内保育所設置
  • 労働基準法の特例廃止(勤務時間の廃止)
  • 日赤従軍看護師慰労金
・看護教育の充実
  • 看護学校の増設、大学、大学院、短大、研修センター設置など
・法律の制定・改正
  • 育児休業法・専修学校法の二法成立
  • 看護師等人材確保法の制定(看護大学の急増・ナースセンターの設置など)
  • 保健士の誕生
  • 高齢社会対策基本法
  • 専修学校卒業生の大学編入
  • 配偶者からの暴力防止法(DV法)
  • 看護職の名称「師」で統一
  • 看護師国家試験受験資格として新たに「大学において、必要な学科を修めた者」を追加した
  • 保健師・助産師の修業年限を6ヶ月から1年に延長した
  • 新人看護師等に対する臨床研修等の努力義務化
  • 人材確保法の基本方針に研修を明記し、病院等の開設者に新人研修実施等の努力義務化
・「看護の日」制定
・健康づくり、老人保健対策、母子保健の充実・・・保健師、助産師増員など
・中央社会保険医療協議会に看護職委員の登用
プリンタ用画面

年間予定

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2018年10月 次月
1
2
3
4
5
6
  • 関東甲信越地区ブロックポリナビin長野
7
8
9
10
11
12
13
14
15
  • リーダー研修(後期)
16
17
  • 国会見学
18
19
  • 広報委員会
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
2018-10-18
  • 役員会
  • 役員・支部長合同会議
  • 国会見学
  • 関東甲信越地区ブロックポリナビin長野
  • リーダー研修(後期)
  • ポリナビ委員会
  • 広報委員会

カレンダの終端です。

バナーリンク
ログイン
ユーザー名:
パスワード:
パスワード紛失