トップ   長野県看護連盟とは

長野県看護連盟とは

長野県看護連盟は本部から方針を受け、支部の総括・調整・支援等を通して、一人一人の顔が見える活動をしています

 

会長挨拶                        

一人ひとりの力を信じて

会長 藤澤淑子

 皆様こんにちは。 不順な天候続きで残暑も束の間、秋の気配を感じるこの頃ですが、如何お過ごしでしょうか。又、全国各地で未曾有の土石流が発生し、被災された皆様には心よりお見舞い申し上げます。

 さて、連盟は7月の総会を皮切りに新年度がスタートし、順調に計画通りに進捗しております。最重点活動の「会員を拡大する」は現在4,852人となり、昨年度より150人増と、協会比率は36%となりました。目標の5,000人にもう一歩ですが、しっかり目標管理が役立っています。

更にゆるぎない組織のためには、会員一人ひとりが連盟を正しく理解し、周囲の人々を巻き込む調整力を持っていただきたいと思います。

各々がやる気になって力を結集した時、成熟度の高い組織としてさらなる成長が図れると期待しているところです。

自己成長に欠かせない研修は、何れも参加者が多く、研修後のやる気は、一般的に3か月程度といわれていますが、一歩進んだ主体的な活動に繋がればと念じています。

9月から「現場の声」は従来の用紙を長野版に改変し、今まで通り研修会時、記載して頂き、議員への陳情、要望に活用し、政策実現の継続性を図っていきたいと思います。尚、快い感動体験の項目を新たに入れました。

活動計画

 看護政策に対して、強い政治力が必要とされている昨今、信頼される政治団体になるべく、看護協会と協力して更なる組織強化、特に安定的な集票力に努め、山積された看護現場における課題解決に向け政治力を十分発揮できる状況を作り出せたらと強く願っています。そのため28年度は以下の重点目標のもとに重点活動を挙げ、活動計画を実施していきます。 

重点目標

会員は第24回参議院議員選挙に必ず投票し確かな政策実現力を持つ

重点活動

  1. 会員を拡大し行動する組織を作り上げる
     
  2. 主体的に活動する会員を増やす
     
  3. 「現場の声」を政策実現につなげる
  4. 18歳選挙権へ効果的な対応をする

具体的な行動計画

組織の強化・拡大

会員拡大  長野県会員獲得目標 5,000人(全国協会員比率50%
確実な目標管理

長野県獲得目標 7,500(全国40万)

組織体制強化 

人材育成強化 リーダー研修(9/7・9/7)

 

支部研修 基礎研修(100%)続基礎・リーダー研修

 

看護教育者・管理者ブロック研修 当番県(10/3・4)

 

賛助会員目標 500人

 

青年部活動の充実

 活発な情報流通 長野県看護連盟ホームページ・ブログ発信の充実
 

高階・石田・木村通信紹介

 政策実現力 長野県看議連との連携強化

 

会員福祉

東日本大震災への継続的支援(姉妹県である福島県看護連盟)

研修計画

平成28年8月4日 看護部長ワークショップ
   10月  4日 国会見学
   10月22日 看護協会・看護連盟協賛研修
   11月16日 OB&会員交流研修
   12月 4日 会員研修
  5月・11月 若手会員研修ポリナビワークショップ

 

 

カテゴリートップ
長野県看護連盟について:TOP
次
長野県看護連盟のあゆみ

年間予定カレンダー

ここからカレンダが始まります。このリンクでカレンダを読み飛ばせます

前月 2017年04月 次月
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
2017-04-29

カレンダの終端です。

予定表・仕分けリスト
ブログ なでしこ お問い合わせ 各種書類ダウンロード 日本看護連盟 石田まさひろ たかがい恵美子